マクロビオティック レストランの秘密
マクロビオティック レストランの秘密

食育@マクロビオティック レストラン

食育(しょくいく)@マクロビオティック レストラン

食育(しょくいく)

食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることである。「食育基本法」においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられている。単なる料理教育ではなく、食に対する心構え、栄養学や伝統的な食文化についての総合的な教育である。

★★★★★
「食」に関する知識、お持ちですか?
=>私は、NOでした。

「食」を選択する力、ありますか?
=>これも、地震が来たとき、そこらの草のどれが食べれるのか、わかりません。

でも、今の先生が、教えられるのでしょうか?
そんな先生がいるとはおもえませんが・・・ね!

食育基本法は、世界で、日本だけです。
いかに、食糧事情が悪いかを、世界に向かって、宣伝したのと同じです。

生まれた時から、ジャンクフードを食べて育った、今の若者には、責任を感じてしまいます。
明治の長命、昭和の短命と言われてきました。
ところが、
平成になると、平成の超短命になっています。
今の若者は、長生きできないでしょう。
長生きしても、メタボリック症候群を抱えていることが懸念されます。

当たり前のことですが、食育基本法などあてにせず、大人は、自分の身は自分で守るしかありません。

自分の身を守れない小学生や幼い子供は、親が気をつける責任があります。

子供の時の味は、一生涯忘れることはありませんから。

その一番、大切な時期に、しょっちゅう、ファミレス通いすることや、スーパーやコンビニで食品を購入し、子供に食べさせることは、決して、やってはならないことです。

そうやって食べたものの味が忘れられない、その子供の身をこわしてしまいますから。



マクロビオティックレストラン東京

ナタラジ銀座店@マクロビオティック レストラン

ナタラジ銀座店

アーユルヴェーダに基づくインドスパイス、有機野菜、大豆グルテン、豆類を基本として、国産小麦や天然菜種油、有機無農薬玄米を使用したインド料理レストラン。肉類をいっさい使用していなくても、ヘルシーでバラエティ豊かなおいしいカレーがいただけます。広々とした店内はインテリアもインドの雰囲気たっぷり。マクロビオティック対応メニューもあり。他支店もあります。

アーユルヴェーダの基本的な考え方は、
「心、体、行動や環境(西洋医学の父といわれるヒポクラテスも重視した)も含めた全体としての調和が健康にとって重要とみる。アーユルヴェーダでは病気になってしまってからそれを治すことより、病気になりにくい心身を作ること、病気を予防し、健康を維持するという「予防医学」の考え方に立っている。より具体的には、ドーシャ(元素)のバランスが取れていること、各ダートゥ(肉体の「構成要素」の意)がきちんと消化されていること、不快な状態がないことなどが健康の条件となる。」

予防医学は、今、最も必要な知識でしょう?
これを先取りして、実践しているマクロビオティック レストランですね。

★そんなマクロビオティック レストランの味にかなうでしょうか?★
【クシ】マクロビオティックウィークリーセット★お得なプレゼント付



マクロビオティックレストラン大阪

ベジ グリーン フィンガーズ @マクロビオティック レストラン

ベジ グリーン フィンガーズ

オーナーの加藤千香子さん。
「私が、一番印象に残った加藤さんの言葉は、おいしいし、環境への負荷が少ないということで有機野菜を使っているけれど、「安全・安心」という言葉は使いたくない、ということ。なぜなら

「その言葉は、人間の立場のみにたった言葉で、あまりにエゴイスティックな響きがあるから・・・。」

おお、すごい、発言!
感動しましたので、ここに、記載しました。

地球上のすべてを支配しようとする人間のエゴのあらわれです。
人間にとって、安全・安心であれば、その他動物や植物はどうなってもいいのでしょうか?

よく考えてほしいと思います。

★こんなマクロビオティック レストランの味をご家庭で味わえるかなあ?★
週末はマクロビDAY!人気ショップのオリジナル詰め合わせマクロビオティックリセット食+デトッ...

マクロビオティック 創始者@マクロビオティック レストラン

食育(しょくいく)@マクロビオティック レストラン

食育(しょくいく)
食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることである。「食育基本法」においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられている。単なる料理教育ではなく、食に対する心構え、栄養学や伝統的な食文化についての総合的な教育である。

★マクロビオティック レストランの味をどうぞ★
ジョンレノンも、マドンナも、坂本龍一もマクロビオティック実践者!

マクロビオティックとは、桜沢如一氏(1892〜1966年)が提唱し広めた、陰陽の法則を基にした穀物菜食中心の食生活のことであり、自然環境の調和や世界の平和まで視野に入れた画期的な思想です。

「マクロビオティック」という言葉は、フランス語のMacrobiotiqueより来ています。語源はギリシャ語に由来し、[macro=大きな、包括的な][bio=生命の、生き生きした][biotic=生活法、若返り術]という意味になります。

日本ではまだまだ一般的ではないマクロビオティックですが、すでに海外では200万人以上の実践者がおり、古くはジョンレノンから、最近ではマイケル・ジャクソンやマドンナ、坂本龍一など、世界的なアーチストが取り入れ、リッツ・カールトンをはじめ、有名老舗ホテルのレストランでもメニューに登場しています。
全員プレゼント付き!1週間、マクロビメニューにしてみませんか?マクロビオティック1週間体験...

正食協会@マクロビオティック レストラン

正食協会会長@マクロビオティック レストラン

正食協会会長 岡田 定三(おかだ ていぞう)
1936年、京都市生まれ。同志社大学商学部卒業。会社勤めを経て、69年に33歳で、ムソー食品株式会社(自然食品製造販売)を創業して代表取締役に就任する。88年に退任後は、正食協会専務理事を経て、97年同協会会長に就き、現在に至る。
16歳のとき桜沢如一氏に出会って以来氏を師父と仰ぎ、30歳からマクロビオティック啓蒙活動に参画して、現在も旺盛な講演・執筆活動を行っている。

正食協会@マクロビオティック レストラン

正食協会とは@マクロビオティック レストラン

正食協会とは
設立は1956年(昭和31年)。マクロビオティックの創始者で玄米菜食を世界に広めた桜沢如一の意志を受けた岡田周三によって正食協会の活動は始まりました。1959年(昭和34年)、現「むすび」誌の前身「健康と平和」を創刊。以来半世紀、一貫してマクロビオティックの普及と啓蒙活動に努めています。
 現在の主な業務は、月刊誌「むすび」やマクロビオティック関連書籍の発行、玄米菜食を中心とした正食クッキングスクールの運営、各種セミナーや講座の開催です。
 私たちは、マクロビオティックを通じて社会や皆さまの健康に貢献していきたいと考えています。

★ご家庭で、マクロビオティック レストランの味をお楽しみください★
【ポイント10倍】週末はマクロビDAY!★マクロビオティックリセット食スペシャルセット【1119_1...

マクロビオティック 創始者@マクロビオティック レストラン

石塚 左玄(いしづか さげん)@マクロビオティック

石塚 左玄(いしづか さげん)
嘉永4年2月4日(1851年3月6日) - 明治42年(1909年)10月17日)

石塚 左玄は、日本の軍医・医師・薬剤師。玄米・食養の元祖。

福井出身。陸軍で薬剤監となった後、食事の指導によって病気を治した。栄養学がまだ学問として確立されていない時代に食物と心身の関係を理論にし、医食同源としての食養を提唱する。「体育智育才育は即ち食育なり」と食育を提唱した。「食育食養」を国民に普及することに努めた。

栄養学の創設者である佐伯矩が現・国立健康・栄養研究所をつくるための寄付を募っていたとき、左玄の功績を耳にした明治天皇がそういう研究所があってもいいのではと述べ、その言葉で寄付が集まったという。しかし、研究所は明治天皇が好きではなかった洋食を奨励し食養とも結びつかなかった。天皇家の献立は食養学に基づいている。


★マクロビオティック レストランの味をご家庭で★
久司道夫氏がプログラムしたダイエットメニューセット。
8日間でうれしい結果が
カラダの中からきれいになるプログラムです。

国産の厳選素材を使用し、
もちろん保存料や化学調味料は一切使用していません。
メニューは日本の伝統食をベースに中華・洋食など多彩。
どれも本格レストランの味に仕上げました。
ダイエット中なのに、デザートを楽しめるのも粋な配慮。
今までのダイエットのイメージは忘れてください。
カラダがほんとうに喜ぶものだけを「よく噛んで、ゆっくり食べる」
ごく自然で安心なダイエットです。
3日、4日と経過する中で、目には見えないかもしれませんが
「何かが違う」といううれしい実感が訪れます。
そして8日後、ダイエット効果だけでなく、カラダもココロも
軽く快適に変わったあなたがそこにいます。

MACROBI DELI(マクロビ デリ)8日間セット
【クシ】マクロビ デリ≪8日間セット≫★お得なプレゼント付

マクロビオティック 創始者@マクロビオティック レストラン

桜沢 如一(さくらざわ ゆきかず)@マクロビオティック

桜沢 如一(さくらざわ ゆきかず)

食養をベースとしたマクロビオティックの確立者。また、マクロビオティックを世界平和運動として位置づけ、そのライフスタイルの普及のために、30カ国以上を訪れ、7千回以上の講演を行い、著書は3百冊を超える。超人的な活動力で、日本や海外で多くの病人を救い、たくさんの若者を指導者として育て上げた。欧米ではジョージ・オーサワとしてその名を広く知られる。
1893年 京都市生まれ
1908年 肺・腸結核をはじめ、多くの病気で苦しむ
1912年 石塚左玄の食養法により健康を回復。これがきっかけで食養法の研究を始める
1913年 京都市立第一商業学校卒業、神戸の貿易商・滝波商店直輸部入社
1929年 10数年研究した自説の「無双原理」を世界に発表すべくシベリアを横断し、単身パリへと無銭旅行を敢行
1937年 社団法人「食養会」の監事になり、やがて会長に就任
1940年 滋賀県大津に「無双原理講究所」を設立
1941年 反戦平和活動に尽力。以後、数度の逮捕、投獄に遭う
1953年 里真夫人とともにインドへと赴く。続いてアフリカ、ヨーロッパも歴訪
1966年 逝去、享年72歳

★お手軽に、マクロビオティック レストランの味をどうぞ★
大阪のマクロビレストラン「ママンテラス」の人気商品をセットにしました!マクロビを実践したくても、できなかった方必見。肉・魚・卵・乳製品・化学調味料・添加物を使わずにこんなに味わい深い料理がいただけるなんて!素朴な味が口いっぱいに広がります。

マクロビオティックリセット食スペシャルセット( 送料込み26800円)


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。