マクロビオティック レストランの秘密
マクロビオティック レストランの秘密

マクロビオティック 創始者@マクロビオティック レストラン

食育(しょくいく)@マクロビオティック レストラン

食育(しょくいく)
食育(しょくいく)とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることである。「食育基本法」においては、生きるための基本的な知識であり、知識の教育、道徳教育、体育教育の基礎となるべきもの、と位置づけられている。単なる料理教育ではなく、食に対する心構え、栄養学や伝統的な食文化についての総合的な教育である。

★マクロビオティック レストランの味をどうぞ★
ジョンレノンも、マドンナも、坂本龍一もマクロビオティック実践者!

マクロビオティックとは、桜沢如一氏(1892〜1966年)が提唱し広めた、陰陽の法則を基にした穀物菜食中心の食生活のことであり、自然環境の調和や世界の平和まで視野に入れた画期的な思想です。

「マクロビオティック」という言葉は、フランス語のMacrobiotiqueより来ています。語源はギリシャ語に由来し、[macro=大きな、包括的な][bio=生命の、生き生きした][biotic=生活法、若返り術]という意味になります。

日本ではまだまだ一般的ではないマクロビオティックですが、すでに海外では200万人以上の実践者がおり、古くはジョンレノンから、最近ではマイケル・ジャクソンやマドンナ、坂本龍一など、世界的なアーチストが取り入れ、リッツ・カールトンをはじめ、有名老舗ホテルのレストランでもメニューに登場しています。
全員プレゼント付き!1週間、マクロビメニューにしてみませんか?マクロビオティック1週間体験...



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。